バイクのハイブリット化を行うには

バイクのハイブリット化を行うには

現在、自動車分野ではハイブリットカーが燃費の良い車として人気があります。

また、日産などが電気自動車を復権させようとしており、環境保護や車のインターネット常時接続化等、様々なダイナミックな動きが見られます。

一方、バイクの方は自動車とは違ってその様な動きは耳にしません。

もちろん、私が知らないだけと言う可能性も大きいのですが、しかし仮にハイブリットバイクが製造販売される事になれば、インターネットなどを通じて世界中にそのニュースが伝わるのではないでしょうか?

と言う事はハイブリットバイクと言うのは存在しない、あるいは存在した所で精々プロトタイプ止まりと言う事ではないかと思います。

そこで、この前提に立ち、何がバイクのハイブリット化を阻害しているのかについて考えてみました。

ハイブリットカーと言えば、そのブレーキ機構に回生ブレーキを採用し、減速時にはこの機構により運動エネルギーを電気エネルギーに変換します。

そしてこの電気エネルギーをバッテリーに蓄え、再利用する事により燃費の良さを実現しています。

つまり、エネルギーの再利用がハイブリットカーの肝と言えます。

さて、バイクの場合、このエネルギーの再利用を実現しようとすれば、回生ブレーキシステムに使うモーターとバッテリーを搭載しなくてはいけません。

モーターの場合はともかく、バッテリーを小型化すればその分、蓄電量が減る事になります。

最悪の場合、ブレーキ時に発生するエネルギーを再利用の為、蓄え様にもバッテリーが既に満充電でこれ以上蓄えられないと言う事も考えられます。

従って、バッテリーのサイズも言って以上は無くてはいけませんが、自動車よりもスペースの制限が厳しいバイクの事です。

この実現は困難ではないかと思います。

また、燃費の良さを実現するには効率の良いモーター制御が欠かせませんが、その為には制御コンピューターを常時作動させないといけません。

となれば、この電源も必要となりますので、その分バッテリー容量を大きくする必要があります。

以上の事より、バイクのハイブリット化を実現するにはバッテリー技術の革新的な発展が必要と言えるのではないでしょうか?

バッテリー技術の発展は遅く、その為、バイクのハイブリット化実現まで時間がかかりそうです。

1
2
3

http://b.hatena.ne.jp/entry/mirukoko.net/kojin-nenkin/


<<前のページへ   次のページへ>>