地方の国公立大学に現役合格した体験記

私は、進学率の高い高校に通っていて、国公立大学を志望していました。その為、センター試験においても、全体的に高得点を取る必要があったのです。現在の国公立大学の入試では、センター試験の点数も大きく評価されるので、苦手科目を作らないように努めましたよ。具体的には、授業当日に必ず復習を行って、記憶の定着を図っていました。きちんと復習をやるかどうかで大きな差がついてくるので、帰宅したらノートの再確認ぐらいはやっておきましょう。

こちら



高校二年生の冬になって、いよいよ大学受験のシーズンに突入しました。そこで、私は、この時点で自分が合格できそうな国公立大学をリストアップして、それぞれのセンター試験の配点比率を確認してみました。

こちら

なぜなら、ここからは時間があまりないので、狙いを絞った学習計画を立てる必要があったからです。

私は、高校の授業を中心に勉強していたのですが、高校三年生の夏休みだけは塾の夏期講習に参加しました。受験直前の夏休みは、自分の学力を伸ばす最後の機会なので、できるだけ塾の夏期講習に参加することをお勧めします。

こちら

それに、塾の自習室はとても静かなので、追い込みをするにはうってつけの環境ですよ。

高校三年生の秋になった時点で、最終的な志望校の決定を行いました。もっとも、さすがにここから高望みをすることは危険なので、合格できそうな国公立大学の中から選びました。そして、志望校の二次試験対策もしながら、センター試験に向けて全力を尽くしたのです。

こちら



地方の国公立大学に現役合格してみて、やっぱりセンター試験は大切だなと痛感しました。二次試験は難解な問題が出てくることが多いので、点数を取りやすいセンター試験で失敗するとかなり響くのですよ。二次試験の配点比率が大きい大学を志望するのでなければ、やはりセンター試験の過去問をどんどん解いていくのが一番効果的だと思いました。



<<前のページへ   次のページへ>>