受験勉強は人生の修行と考えて臨むべし

受験勉強は前向きに受け留めることが必要だと考えます。受験勉強の厳しさを非難する声も少なくありませんが、それは1つの意見として受け向止め、受験勉強は厳しくあるべきだと私は受け止めています。私自身も厳しさ、辛さを肯定的に受け止めて克服してきたと思います。

企業の採用者から聞いたことですが、きびしい受験戦争を乗り越えた学生には仕事に耐える力が強い傾向があるそうです。

こちら

机にかじりついて勉強する、何が何でも目標を達成する意志が強い忍耐力を養うのではないでしょうか。私も正論だと思います。このように受験時代の勉強するという体験は社会人になってからも評価されるのです。

こちら

第一志望合格あるいは第二志望合格といったことに拘らず、決めた目標に向けて努力することが大切です。この経験は頭に刷り込まれ、一生の宝物になりれますから、受験勉強はできるだけ難関に目標を置いて切磋琢磨するようにしましょう。 

俺の能力はこれくらいなのだと諦めてはいけません。

こちら

また難関大学を卒業したから幸せな人生が保障されることはありません。しかし、難関を目指して受験生は努力するべきなのです。既にくどいくらい書いてきましたが、見えない形の精神力が自ずから身に着きます。受験勉強は修練の場と解釈して努力しましょう。自分の能力を信じ、上を目指して頑張りましょう。

また自分はこの科目だけは人後に落ちないという得意を持つことも大切です。

こちら

英語も数学も駄目だけど、この科目だけは全国模試で1番になることです。1番を取ることは大きな励みになります。やればできるのだとの自信がつきます。これが励みとなり、他の科目へ好影響を及ぼすこと請け合いです。得意科目で全国1になった経験は、受験勉強で得た一生の宝になります。自分を信じて、頑張りましょう。



<<前のページへ   次のページへ>>