街乗りだったらこのクラスがいいですよ

街乗りだったらこのクラスがいいですよ

街乗りだったらこのクラスがいいですよ

車を買うまではいかないけど、自転車だとちょっと通勤や買い物が不便・・・という時に

(昔取った原付免許、普通免許があるし)

「スクーターでも買おうかなぁ」と1度は思うのではないでしょうか?

購入資金、バイク置き場など条件が揃っていたらすぐ購入するのもいいと思います。

昔と違って、かわいいのもあればカッコイイ車種いろいろあります。

カラーも充実しているので選ぶのもすごく楽しいと思います。

しかし、実際に乗ってみると意外に不便なのです。

法定速度は30キロ、片側3車線以上の右折だと「二段階右折」、

原則として左車線の走行、二人乗りが出来ない・・・

「早い速度は怖いし、ゆっくりで充分」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそうでしょうか?

車を運転される方なら1度は感じた事はないでしょうか?

「邪魔だなぁ・・・」「もっと早く走ってよ・・・」

その速度が原付の法定速度なのです。

原付運転側も車運転が側も怖い思いするのは嫌だと思います。

そこで、お勧めしたいのが

「原付二種(小型自動二輪)のスクーター」

小型限定を含む普通自動二輪、あるいは大型自動二輪の免許が必要になりますが

これがとても便利なのです。

原付スクーターより(2人乗りが出来るので)大きいですが、メットインもありますし

ビックスクーター程大きなサイズではなく、原付置き場にも入れる事が出来るサイズです。

原付ではなく自動車扱いになるので、

法定速度など交通ルールは車を乗られてる方なら、困る事はないでしょう。

高速道路に乗ることは出来ませんが、通勤や買い物で乗ることはないと思うので不便ではないでしょう。

自賠責保険は原付と同じ価格、自動車保険のファミリーバイク付帯する事も可能なので費用も抑えられます。

低価格な逆輸入バイクも良いのが増えてきているので国産メーカーの新車スクーターとさほど値段が変わらない

車種もあり、このクラスはおすすめです。

ハーレーダビッドソンが転倒する瞬間を目撃しました

私の愛車はホンダのジョーカーという原付なのですが、私は原付でどこへでも行ってしまう癖があり、一度は原付で東京から神奈川県まで走って行った事もあります。

そんな私が先日一念発起してやっと中型バイクの免許を取得し、中古のホンダのツインマグナを50万円で購入して友人と初めて東名高速に行きバイクでのツーリングを楽しみました。

海老名サービスエリアで缶コーヒーを飲んでふたたび東名高速をひた走っていると、私達が走っているすぐ横をハーレーダビッドソンのFLHのポリス仕様のハーレーが颯爽と私達の右隣を走り抜けたと思った瞬間、真っ直ぐに走っている体勢のままハーレーが盛大に転倒したのです。

「ガシャ ズザーーー」という音を立てながら盛大に転倒したハーレーはそのままバイクが前方に滑ってゆき、ライダーはころころと転がりながら側壁の方へ流れて側壁の手前で止まりました。

私達はすぐに停車して助けようとしたのですが私達のバイクの後ろから後続車が来ていた為にすぐに停車出来ず300mほど走行してバイクを路肩に寄せて停車した後、先ほどの転倒現場を振り返ると既に他の車のドライバーが転倒したハーレー乗りの人を助けて介抱しているのが見えました。

ハーレーは追い越し車線上にそのまま転がっており放置されていました。

ハーレー乗りの人は無事だった様ですぐに起き上がってハーレーの方に走って行き、ハーレーをひき起こして追い越し車線の内側の分離帯の方に寄せていました。

私は、「おそらく焼きつきでタイヤがロックしてしまい転んだのではないか」、とその後友人と事故の原因について推測をしたりしました。

私と友人はハーレーが転倒したのを見たのは初めてだったので驚きましたが、ハーレーでもあんなに真っ直ぐに走っていても転ぶんだな、という事をその事故で学びました。

バイクでの高山(岐阜)旅行

 もうかれこれ12、3年以上前になりますが、趣味でホンダの原付のJAZZに乗っていました。

 当時はバイクのことを全く分かっていなかったので、JAZZのサークルに入り、いじり方から、改造までいろいろとやりました。エンジンのボアアップや、外観カスタムなどをやっていたある日、サークルからこんな誘いがありました。

「岐阜県の高山にJAZZで行こう」

ちょうど、その年が高山にマイカーで入れる最後の年で、次の年からはマイカーはもちろんバイクも入山不可となるため、もともとツーリングもやっていたサークルが大々的に企画しました。名古屋から日帰りで行くコースで、総勢20台のJAZZとMAGNAとMONKEY(つまり4mini)で行くことになりました。

 みな基本ボアアップしているため、巡航速度は80km近く。自動車にそんなに遅れを取らないレベルで高山を目指しました。

 問題となったのは山を登り始めてから。基本はみな単気筒の原付、しかもキャブ車のため、高度が高くなってくるとだんだん登る速度が遅くなってきます。最初は坂道だからかと思っていたのですが、実は違っていました。キャブの燃料調整が狂ってきているのです。単気筒のためかその影響が顕著で、高山エリアでは1速でも登らないどころか、アイドリングすらしない(笑)

 しょうがないのでバイクから降りてキャブ調整。終わって一速で数百メートル登ると、また止まってキャブ調整。延々その繰り返しで、頂上に登るまでに何回調整したやら・・・。気付けば道路のそこらじゅうでメンバー皆がキャブ調整してました。そんなこんなで頂上までなんとかたどり着きましたが、ホントにいいキャブ調整の練習になりました。もう二度とあんなに頻繁にキャブ調整やる機会は無いでしょうし、キャブ車自体にのることも無いかもしれませんが、本当に良い思いででした。ちなみに余談ですが、結構登りで時間を食ったこともあり、頂上に居た時間は結構短かく、あまり記憶に残っていないという、バイク乗りらしい思い出になりました。

1
2
3

http://b.hatena.ne.jp/entry/xn--4gqp28eyvmm8g5uc8ugpuk.mirukoko.net/


<<前のページへ   次のページへ>>