50代を手前にバイクについて思うこと

50代を手前にバイクについて思うこと

50代を手前にバイクについて思うこと

何かもう「バイク」という単語自体、懐かしい気がしてしまいます。

自分達が「バイク」という言葉に感じるのと同じ思いを、今の若い人は感じていない様に思いますね・・・。

そもそも、自分達の年代は、幼い頃に「仮面ライダー」を見て育っています。

フルカウルの「サイクロン号」の格好よさは、もう「心に焼き付いている」と言って良いでしょう。

考えてみれば、「仮面ライダーごっこ」をして遊ぶくらいの年頃に、あれだけバイクの情報を得ている年代というのは、自分達くらいのものではないでしょうか?

当時のチビっ子は、皆、自転車で仮面ライダーの真似をしていました。

その子供達が成長し、免許を取れる年齢になったら、それは誰もが、

 免許取ってバイクに乗りたい!

と思うに決まっています。

実際、自分の友人たちは50ccのMBXから、スズキのカタナ、カワサキのNSRに乗っているヤツも居ました。

彼らは、現実のバイクを手に入れた結果、バイクの持つスピードや長距離の移動能力を手に入れ、それぞれが違った世界へ進んで行った様に思います。

例えば、レーサーレプリカに乗っていた友人は、

 高速道路で全開にしてみたけど、怖くて200km/h以上は出せなかった

と、正直に自分に語ってくれました。

 それ、新幹線より速いじゃん!? 無理ねぇよ!

と間抜けなフォローをしたのを覚えています。

まぁ、スピードが「恐ろしい」という感覚は、実際に体験した人でないと判らないでしょう。

若い頃は、なんとなく「俺が大丈夫」と思っているだけで・・・。

結局、彼はツーリング派となり、日本全国を旅してまわる様になりました。

受験を控えた高校3年生が、1週間くらい学校へ来なくなるワケですから、当時は驚きましたが、本人は

 四国まで行ったけど、いろいろあって、その先には行けなかった

など、ケロリとして帰って来たものです。

ヒーローへの憧れからスタートして、結局は、全く別な世界へたどりつく。

「バイク」という単語に、今の自分はそういった「力」をも感じてします。

永年乗り続けたビラーゴ

大学生になり、永年乗りたかったバイクの免許を取りました。そして、はじめて買ったバイクがビラーゴ250でした。

中古車でしたが、非常に状態が良く、また、不人気車種(笑)というのもあって大学生の私にはお手軽な金額でしたので、迷わず購入しました。

それからはいろいろなところに走りに行きました。

ツーリングのteamにも参加させて頂き、九州一周もすることができました。

四国にいったときは四国アルプスを目的に走ったのですが、

道の途中で仲間が転倒。残念ながら諦めたこともありました。

残念ながら仲間を失ったこともありました。

そのときはさすがにみんなで悲しみましたが、

嫁さんからみんなはバイクを降りないでと言われたときらさすがに涙が止まりませんでした。

そんなこんなで、永年乗ってきたビラーゴです。

買ってからはや10年がたちました。

途中、いろいろなトラブルもありました。

相変わらずのプラグ系の弱さで、何回エンジンがかからなくなったか。

店員さんからも他のバイクを勧められましたけど、

何度も何度も直してもらいました。

また、こいつのお陰で自分でもメンテナンスできるようになりました。

タイヤ交換、プラグ交換、ランプ交換は自分で。

エアフィルター系は一度自分で清掃しましたが、

あまりの手間にもう自分ではやらないでおこうと思ってしまった次第です。

愛着たっぷりのビラーゴですが、遂にわたしもバイクを降りる決意をしました。

結婚し、子供ができ、さすがにのる時間がなくなってしまったのです。

先日、久しぶりにエンジンをかけようと思いましたが、やはりのビラーゴ。かかりませんでした。

バッテリーだろうとは思いますが、さすがに直してやるお金も余裕がありません。

永年共にしたビラーゴに感謝がいっぱいです。

また、歳をとってのる時間ができたときに

また新たに買ってやろうと思います。

北海道でのツーリング

バイクの免許をとって15年以上がたちました。

初めて免許を取得したのが原付です。大学受験に失敗し地方の予備校に通うために下宿をすることになりました。

そのときの交通の手段として、8歳年上の兄から原付をいただきました。

それが私のバイク人生の第一歩です。

学生中にアルバイトをしながら当時限定解除(大型自動二輪)を取得しました。

北海道在住なので、冬は免許が取得できません。試験当日はその年最後の検定日で吹雪の中での試験でした。

当時学生でお金がなかったのでなんとしても試験に合格しなくては!

必死の思いでなんとか免許取得をすることができました。

それ以降、毎年恒例のツーリングをしています。

といっても一人ツーリングなのですが…(笑)。

ゴールデンウィークになると必ず札幌から松前にサクラを見にツーリングをしています。

今では高速道路もだいぶ開通していたので函館にいくのには便利となりましたが

免許をとったばかりの時は高速道路もないため、この時期は国道5号線が大渋滞します。

距離でいえばどのくらいになるのでしょうか?

ただ、バイクなのでせまい路肩をなんとか通り抜けることができるので渋滞につかまらず走ることができました。

ホテルに泊まるお金もないのでスーパー銭湯で1泊して早朝松前に向けて出発します。

やっとのおもいでたどりついた松前での花見は最高です。

行きはオホーツク海側で行き、帰りは日本海側から帰ります。

帰りはひたすら海岸線を走っているので潮風がとても気持ちいいです。

本州からのツアラーさんたちともピースであいさつします。

途中の道の駅などで見ず知らずのライダーさんたちと出会い、話に盛り上がり連絡先を交換して

今でもメールではありますが連絡を取り合ってます。

かけがえのない財産ですね。こういう出会いをいつまでも大切にしたいと思います。

車ではこういう体験はなかなかできないですよね。

今では子どももいるのでなかなかツーリングには行けませんが、また桜の咲く季節になったら

花見をしにツーリングに行きたいと思います。

1
2
3

http://b.hatena.ne.jp/entry/xn--4gqp28eyvmm8g5uc8ugpuk.mirukoko.net/


<<前のページへ