大学受験までに行っておくべきこと

大学受験は非常に難易度が高く、しっかりと対策をしないと合格することは難しいと言われています。

特に受験する学校による偏差値の差は大きく、有名大学などの受験を予定している人は、高校入学から対策をしている人もいるほどです。

しかし一方で受験1年前から勉強を開始して、有名大学に合格できる人もたくさんいます。

大学受験に重要なことは、その受験校の入試傾向をしっかりと見極めることにあります。

こちら



私立大学でも国立大学でも、それぞれの学校には受験問題の傾向と対策があります。

大学受験は出題範囲が非常に広いため、闇雲に基礎から勉強しても非常に効率が悪くなります。

受験までの期間が長くなければ、その受験校に合わせた対策をしたほうが合格できる確率が高くなります。

こちら



最も効果的な方法としては、過去問を何度も解くことにあります。

過去問題と同じ問題が出題される確率は低いですが、言い回しを変えていたり、似た傾向の問題が出題されることも多いです。

何度も解くことで傾向が理解できてくるので、しっかりと過去問は解くことをお勧めします。

こちら



もし過去問の問題が難しすぎると感じた場合は、基礎力が足りていない可能性が高いです。

その時は基礎力を身につける問題集などを解くことをお勧めします。

しかし基礎に時間をかけすぎても効率が上がらないので、ポイントだけを復習できるような薄い問題集などをお勧めします。

分厚い問題集は終わりまでに時間がかかることと、途中で挫折する可能性が高くなるので効率が悪くなります。

こちら



また受験の年には、模試は必ず受けておくことが必須となります。

模擬試験は自分の実力がわかるとともに、実際の受験に近い雰囲気を体験できる貴重な時間です。

実力がある人でも、受験の雰囲気に飲まれることがあるので必ず模試は受けておくべきです。

大学受験は短い時間で効率よく対策をすることが重要です。



<<前のページへ   次のページへ>>