大学に合格するためには

今から10年程前になりますが、私立大学へ通っていました。高校生の頃の担任の先生が、模擬試験の時から、とにかく勉強をたくさんして点数を採らないと駄目だと熱弁される方で、威圧感から、これはやらないとまずいと思い、一生懸命に勉強に励んでいました。勉強方法は、まず志望している大学の赤本は必ず手に入れます。過去問は攻略しないとなりません。

こちら

毎年、問題の内容は違っても、形式が同じ可能性があるためです。いくつかの過去問をよく見ておくこと、実際に過去問を解くことは非常に大切です。文系の私立大学だったので、現代文、古文、英語の参考書や問題集を購入しました。できれば先生にどんな参考書等が良いか聞くか、成績の良い子が使用している参考書等と同じものを購入するとおすすめです。

こちら

私は実際に、成績が良い子と同じものを購入しました。しかし、忘れてはいけないことは、問題集にも解きやすいものと、解きにくいものがあります。自分に合ったものを選ぶことが大切です。受験の時は、教科書はあまり使用しなかったと思います。私は、図書館等で残って勉強するより、自宅で勉強する方が集中できたので、学校が終わるとすぐに帰宅して、自分の部屋で勉強をしていました。

こちら

勉強をしているうちに、集中力が切れて眠くなってきた場合は、眠気を堪えて頑張っても頭に入ってこないので、1時間程仮眠をしてしまいます。また、夜中まで勉強してもほとんど集中できていないことに気が付き、ある時から、夜は早めに寝て、朝4時くらいに起きて朝勉強していました。

こちら

朝の方が、集中できたからです。すごいはかどるなと思いました。眠気も無く、すっきりしているので、勉強が進みました。朝が苦手という方でなければ、朝の勉強をおすすめします。また、試験前日の夜も、早めに寝るようにすると良いと思います。今まで頑張ってきたので、体調を整えるためにも早く体を休めてあげると良いです。特に、受験までの体調管理はとても大切なので、風邪に気をつけて下さい。



<<前のページへ   次のページへ>>