受験勉強は頭の切り替えで乗り切ろう

大学受験はかなりのストレスを伴いますし、もし受からなかったらどうしようと不安になることは、誰しもがそうだし経験者のだれもがそうだったと思います。

私もそのうちの1人でした。

受験勉強中は特にナイーブになりがちで、この先のことを考えるといろいろ不安はありますが、ただ、大学に入れば楽しいことが待っていることは間違いありません。

よほど人を受け入れないようにバリアを張らなければ、もし張っていたとしても、それはそれで大学生活中になにかしら新しい発見や出会いが、必ずといっていいくらい待っています。

こちら



ですので、今は頑張って受験勉強に励んで合格した後に、大学生活をぜひ楽しんで欲しいと思います。

私が受験勉強中にやっていたことは、当たり前過ぎるかもしれませんが、とにかくひたすら受験勉強に時間を割くことでした。

こちら



朝起きてから寝るまで、ひたすら参考書や教科書と向き合いました。

とは言っても、人の集中時間は4時間が限度だ、ということも聞きますので、朝から晩までずーっと延々勉強し続けることは、よほど勉強自体を好きな方意外は不可能なのではないでしょうか。

こちら



どうしても集中出来ない、気が散って仕方ない、イライラしてきた、そんときは思い切って勉強を一時ストップします。

いつまでにアレをやらなきゃ、ここまで終わらせないと、と思っていてもそんななか勉強したところで頭に入りませんし、家族にきつく当たってしまいますし、何もいいことありません。

一時ストップして、散歩するなり、テレビを見るなり、ゲームをやったり、勉強のことを頭からキレイサッパリ抜いてしまいます。

こちら

そういう時間をあえてつくるんです。

そうしていると、ふと、勉強したくなるか勉強しなきゃいけない、と自然と思いますので、そこでまた再開するとリフレッシュ出来ていることを実感できると思います。

長い受験勉強を乗り切るコツは、緊張とリラックスの使い分け、頭の切り替えです。

ぜひ頑張って大学合格して欲しいと思います。



<<前のページへ